MENU

育毛、薄毛の医療相談の注意点

育毛、薄毛の悩みは、最近ようやく医療の対象になってきました。育毛、薄毛の悩みは、これまでは医療の中でもやや軽視される傾向にありましたが、わが国だけでも育毛、薄毛に悩む人は1,250万人もいると言われています。

 

 

育毛、薄毛に関して、病院の外来で相談を考えた場合、注意することもあります。自由診療の薬(保険が適用されない薬)を用いた医療の場合、医療費全体が保険給付の対象とはなりません。このため、薬剤費だけでなく、診察、調剤、服薬指導などにかかる費用も含め、医療費全額を負担しなければいけません。なお、保険給付の対象にならない医療の場合、薬剤費を含む各種費用の料金は医療機関・調剤薬局ごとに設定されます。

 

 

育毛、薄毛に関して医療面で治療を行う場合、個人によってそれぞれ違うので、すぐ効果がでてくる人もいれば徐々に効いてくる方もいます。このため、最低でも6ヵ月から1年ぐらいを大まかな目安にすることです。また、メンタルの部分でも親身に相談に乗ってくれるところを選ぶべきでしょう。

 

 

医療面で治療すれば、育毛、薄毛の悩みは即解消するというものではありません。しかし、食事や頭皮ケアなどの生活改善に加えて、医薬品投与と医学的アドバイスによって発毛するケースは増えています。

 

 

 

 

信頼できる医師に、育毛、薄毛の相談をしよう

育毛、薄毛で悩みを抱える日本の成人男性は、1,260万人と言われています。最近は、生活習慣の変化、ストレスの増加などで、若物や女性でも育毛、薄毛に悩んでいる人が増加傾向にあります。

 

 

こうした現状の中、育毛、薄毛に関し、医学的な根拠や知識に基づいた信頼できる正確な情報、治療を提供できる頭髪専門医師の必要性が求められています。また、女性の場合、産後の抜け毛や、病気治療の後の抜け毛、などの症状が現れることもあります。
このため、一人一人の症状に応じ、場合によっては、産婦人科、内科の医師からの治療、アドバイスが必要になってくることもあるのです。

 

 

きちんとした医者に相談すれば、育毛、薄毛の悩みが解消される可能性は充分あります。ただし、「治ること」と「改善が認められること」は異なります。得に育毛、薄毛に関しては、どれだけ改善したから治ったと認めるのは医師ではなく、最終的には患者さん自身です。そこが他の疾患の治療と大きく異なる難しいところです。

 

 

育毛、薄毛の悩みは、一つの質問に対し、発毛治療の専門医師や毛髪診断士、ヘアカウンセラー、薬剤師、メーカーなどの専門家の方々から、いろいろな角度から見たアドバイスを得ることが出来ます。さまざまな意見をもとに比較検討して自分にあったものを選び解決していきましょう。

レーザーによる育毛、薄毛対策

最近、育毛・養毛レーザーブラシが注目されています。低温・低エネルギーレーザーのバイオ活性作用は育毛、薄毛に多くの有益な効果をもたらすとされています。

 

レーザー光線に関しては、「表皮を通過し代謝物質であるアデノシン三燐酸(ATP)の働きを強化して細胞を活性化する」ことが、既に、報告されています。適切な周波数のレーザー光線を照射すれば細胞は復活して、育毛にも良い方向になるとなるわけです。

 

 

医療関係でも、レーザーによる育毛、薄毛のケアを行っているところがあります。

 

 

確かに日頃の育毛、薄毛へのケアや育毛剤と併用するとさらなる効果が期待できる可能性があるのは事実です。

 

ただ、高額なので誰でも利用できるものではありませんし、育毛、薄毛への効果としては、多少の個人差があるのも事実です。まだ体験した人も少ないようですが、ネット、口コミ以外、導入している医療関係などで情報収集してみるとよいでしょう。

 

 

半導体レーザーは、2003年1月4日にカナダ政府から、育毛、薄毛に効果があると承認されており、近くアメリカのFDAでも承認される予定です。今後は、従来の育毛、薄毛に対するケア商品との組み合わせで、広まっていくものと見られています。